重ね煮とは?

野菜の料理法です

野菜の料理法は、生・蒸す・煮る・焼く・揚げるなどいろいろ。
「重ね煮」も料理法のひとつで、文字通り野菜を層にして重ねて煮ます。
野菜を重ねてほんの少し塩をふり、ふたをして弱火にかけると、野菜から出た水分が蒸気となって蒸し煮の状態になり、野菜に火が通ります。
とてもシンプルな料理法ですが、野菜が本来持っている旨みが
引き出され、さらに野菜どうしの味がなじんで驚くほどおいしくなります。
重ね煮は、野菜に味をつけるのではなく、野菜の味を引き出す料理法です。

P1050212.JPG

いろいろな料理の「素」になります

「重ね煮」は、野菜の旨みがたっぷりで、すでに火が通っている状態。
だから、ほんの少し調味料や他の食材をプラスするだけで、あっという間にいろんな料理が仕上がります。何種類もの野菜がたくさん食べられて、しかも保存がきくので
作り置きができてとっても便利!毎日の献立の強力な味方になってくれます。

foodpic7649787.jpg